土地田んぼ

相続の発生は人が亡くなった時です。
亡くなった人が被相続人です。
被相続人が亡くなったことを知ってから3か月以内に相続放棄をしないと単純承認したとみなされマイナスの財産もプラスの財産も相続されます。
まずはじめに相続人調査が始まります。
戸籍を取得して相続人が誰なのか確定します。
相続財産の分配は配偶者と子供の場合、配偶者は財産の2分の1、残りの2分の1を子供がわけます。
次に配偶者と親の場合、配偶者は3分の2、親は3分の1です。
次に配偶者と兄弟姉妹の場合は配偶者4分の3、兄弟姉妹は4分の1です。
また、代襲相続というものがあります。
これは子供が被相続人より先に亡くなった場合はその子供が相続人となる制度です。
この制度は兄弟姉妹にはない制度です。
相続人が確定したら財産目録の作成にかかります。
財産目録を作成しどのように分配するか相続人で決めます。
先ほどの分配率は法律によるもので協議によりどのように分配しても問題ありません。

遺産分割協議書作成と遺言

相続財産をどのように分配するか決めたら遺産分割協議書の作成に移ります。
遺産分割協議書には相続人がどのように財産を分配するかが書かれた用紙です。
ここに各相続人が自書し実印を押し印鑑証明書をつけます。
遺産分割協議書があれば登記や預貯金を下すことができるようになります。
遺産分割協議書を作成するまえに遺言書があれば先に確認しておくとよいでしょう。
ここで注意するのは遺言書がでてきたら開封しないように注してください。
自分でかかれた遺言書の場合は裁判所で検認という手続きがあります。
ただし公証人によりかかれた遺言書の場合は検認という手続きは不要です。
公正証書遺言の場合は相続人の印鑑や遺産分割協議書、検認という手続きは不要です。
生前に公正証書遺言で遺言を作成することをおすすめします。
費用はたかくなりますが、改ざんや紛失の心配もなくのちに裁判になる可能性が少ない有効な手段です。
土地がたくさんあってわからない場合は名寄帳を取得することが有効な手段です。
相続手続きの専門家は弁護士が良いでしょう。
弁護士なら相談から手続きまで行ってくれます。